Blog

【生活雑貨繁盛日記 】vol.3「ボランタリーチェーンって何ですか?」

全国140店舗が加盟ライフグループ メール無料経営相談

【生活雑貨繁盛日記 】vol.3「ボランタリーチェーンって何ですか?」

ギフトショーでは毎日、

いろいろなメーカーさんと出会いがあるので楽しいですね!

 

前職のコンサルティング会社勤務時代に

私の勉強会に参加いただいていた方や

顧問先様のお取引先が集まる共栄会で

以前お会いした方もいらっしゃったりと、

懐かしい出会いもいっぱいでした。

 

そんな瞬間が本当に嬉しいですね!

 

前回からの続きです。

 

前回は雑貨業界の課題ということで、

雑貨業界がなぜ高いコスト体質・低生産性で

留まっているのか?

 

ということを川上・川中・川下の各ポイントで

少し書かせていただきました。

 

それを打破するために、

当社が生活雑貨業界のボランタリーチェーンを

立ち上げました。

そこでですが、当社の各事業をお話する前に

そもそもなのですが、

 

ボランタリーチェーンとは何か?

ということからご説明をした方が良いかと思いましたので、

まずはそこから書かせていただきたいと思います。

 

ギフトショーでメーカーさんとお話しても、

「キョトン」(;´・ω・)とされることも多く、

ご説明をさせていただきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ボランタリーチェーンとは何か?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ボランタリーチェーン(以下VC)」自体は

各業界に古くからある運営体で、

大手チェーンに対抗して、

中小小売店や卸を組織化して、

共同仕入などをおこなう組織です。

 

弊社が新しく考案した訳でも何でもなく、

非常にクラシカルなスタイルです。

 

ただ雑貨業界にはほぼ存在しませんので、

「VC」と言うと、ポカーン(。´・ω・)?と

されてしまうのですが、

 

他の業界ではかなり大きな組織が多いです。

 

他業界の主なボランタリーチェーン(VC)としては、

【 スーパーマーケット 】

シジシージャパン(4,000店舗、http://www.cgcjapan.co.jp/)

⇒素晴らしい組織です。めちゃくちゃモデルにしております。

 皆さんもスーパーマーケットでPB商品をご覧になられたことが

 必ずあると思います。

全日食チェーン(1,800店舗、http://www.zchain.co.jp/)

【家電業界】

アトム電器(1,000店舗、http://www.atom-denki.co.jp/)

⇒カンブリア宮殿にも出演されていました。

 「神様が味方する経営」という本も上梓されています。

【ドラッグストア】

オールジャパンドラッグ(5,000店舗、http://www.ajd.co.jp/)

日本ドラッグチェーン(4,850店舗、http://www.nidrug.co.jp/)

⇒規模が桁違いですね。。。

【家具業界】

ジェフサセントラル(80店舗、http://www.jefsa.co.jp/)

リビンズグループ(120店舗、http://livins.co.jp/)

F.PEC(30店舗ほど、http://f-pec.com/index.html)

⇒家具の海外生産など素晴らしい活動をされています。

 事業としてのモデルにさせていただいております。

 生活雑貨も一部取り扱いをされています。

【ファンシー雑貨業界】

日本PMS株式会社

(150店舗、http://www.pms-biwa.co.jp/ippan/corporate_info/2005no1/aisatu.htm)

株式会社JVA(100店舗、http://www.jva-k.jp/)

⇒ファンシー雑貨業界では古くから存在しています。

などが挙げられます。

生活雑貨業界にはあまり馴染みがない

ボランタリーチェーン(VC)ですが、

実は他の業界では数千店舗の規模に

なっているグループも多く、

 

全国の様々な業種に存在して、

中小小売店を組織化して、

 

「共同仕入」や「PB開発」「ITシステム」

「共同物流」「共同での人財研修」など

大手チェーンに対抗するという

活動をおこなっております。

 

雑貨業界で「共同仕入」というと

少しイメージしにくいですが、

要はVC本部が「問屋」となり、

安く、かつ数多くのメーカーさんと

一括で取引が出来るというメリットがあります。

今後は海外生産もおこない、

さらに安く商品を開発したり、

※いますでに韓国で一部していますが。。。

原価を劇的に下げる

取り組みをしていきます。

また商品面だけではく、

物流・情報システム・人財教育など

従来の中小企業だけでは出来なかったことを

本部がとりまとめておこなうことで、

規模のメリットを出していきます。

雑貨業界に「最高」の環境を「最低」のコストで提供する

これが当グループのミッションです。

この記事をシェアする

FacebookTwitterLine

この記事を書いた人

佐橋 賢治 kenji sahashi

佐橋 賢治 kenji sahashi

株式会社ライフスタンダード 代表取締役 経営コンサルタント。
大手経営コンサルティング会社の流通小売部門のチームリーダー・シニア経営コンサルタントを経て起業。前職時代から生活雑貨業界を専門にし、業績アップや人財育成、新規出店で関わった累計支援数700店舗超のプロフェッショナル。日本の中小雑貨店のすべての『困った』を解決するため、全国の生活雑貨の地域一番店140店舗から組織化されるボランタリーチェーンを立ち上げ、生活雑貨業界をもっと「楽しく」「儲かる」ように【革新】を進めている。近年は海外政府系機関の貿易アドバイザリーや海外企業の社外取締役も務め、日本の雑貨メーカーの海外販路開拓を支援している。
■ 講演実績:ビジネスガイド社様主催「東京インターナショナル・ギフト・ショー」 等
■マスコミ実績:NHK・日本テレビ・商業界・繊研新聞
■ 著書「はじめよう、小さな雑貨店」(同文舘出版)
■ 趣味:格闘技(ブラジリアン柔術 紫帯 全日本マスター選手権優勝)。語学:英語&中国語

  • instagram

Ranking

1 【生活雑貨繁盛日記 】vol.50「新年のご挨拶」

【生活雑貨繁盛日記 】vol.50「新年のご挨拶」

2 【 セミナー告知 】vol.51「 Instagramで月商1億円売る方法」

【 セミナー告知 】vol.51「 Instagramで月商1億円売る方法」

3 【生活雑貨繁盛日記 】vol.47「アフターコロナ その2」

【生活雑貨繁盛日記 】vol.47「アフターコロナ その2」