Voice

ご支援先の声

全国140店舗が加盟ライフグループ メール無料経営相談

通販支援 中国仕入代行

杭州史尼芙贸易公司様

【インタビュー記事】中国のビジネスパートナー「杭州史尼芙贸易公司様」

会社名
杭州史尼芙贸易公司
所在地
中華人民共和国 浙江省杭州市

【インタビュー記事】中国のビジネスパートナー「杭州史尼芙贸易公司様」

Result 中国最大規模の「輸入代行会社」

 

中国における最大のパートナー

董事長<br>吴烨彪 様様

董事長
吴烨彪 様

中国輸入代行はお任せください。

■ 業務内容:中国輸入業務全般
中国輸入代行・OEM代行・アマゾン売上アップサポート
DtoCアパレルサポート・流通加工・FBA納品・通関業務及び通関手続事務代行・商品リサーチなど、
業界No1のサービスとコストパフォーマンスを目指しています。

■ 主な経歴
業界唯一のAlibabaGroup正式提携会社・2年連続でANA系列OCSベストパートナー獲得
Amazon物流SPN会社・中国越境EC協会理事・東京オリンピックの公式スポンサー

■ 主要取引先
Alibaba Group・アマゾンジャパン合同会社・兼松商事・ラブリー商事
日油商事・ドンキホーテ・杉田製線・伊藤忠商事

設立:2015年6月
従業員数:178名

―インタビュアー(佐橋)

当社の中国でのパートナー企業様をご紹介したいと思います。

杭州史尼芙贸易公司(以下スニフ貿易)の本社は
アリババグループのお膝元である浙江省杭州市にあります。
アリババグループはご存じのように世界的にも最大規模の会社で、
流通金額100兆円超という超巨大流通会社です。

呉社長はまだ若干28歳。今の会社を創業5年足らずで年商150億円、
社員180名の企業に驚異的なスピードで成長させました。

しかもスニフ貿易さんの本社社屋はなんとアリババグループの敷地の中にあります。
中国人でも社員以外で世界的な会社であるアリババグループの本社に
出入りしている人間はそうは多くはありません。

最初に行った時は本当に驚きました。

スニフ貿易さんは「THE・直行便」といういわゆる「中国輸入代行」サービスを
日本向けに提供しています。弊社も中国でのOEM生産・輸入のお手伝い・流通加工・物流作業代行・
通販支援などをお願いしているのと同時に、日本企業が「THE・直行便」を使って
「OEM生産をしたい」「通販をしたい」という場合のサポートをしています。
ホームページ:https://www.taobaockb.com/

「中国輸入代行」会社としては中国最大規模です。

またライザップの中国代理店や東京オリンピックの公式スポンサーをするなど、とにかく勢いがあります。

それでは本日はスニフグループの代表である呉社長にお話をお伺いしたいと思います。
呉社長とは日本の大手メーカー様からご紹介を頂いて、
最初にお会いした時は香港でしたね。

―(呉社長)

そうですね。日本の生活雑貨業界で著名な佐橋社長のことを聞いて、どうしてもお会いしたくて。
たまたま香港に来られている時があると聞いて、
佐橋社長にお会いするためだけに杭州から香港まで飛行機で向かいました(笑)

―(佐橋)

あの時のプレゼンはすごい熱意でしたよね!(笑)
正直、その場ではよく分からなかったのですが、どうしても杭州の本社に来て欲しいということで、

翌々月ぐらいに都合を調整して杭州本社に伺ったら、
すごい会社過ぎて、逆にこちらがビックリしました(笑)

―(呉社長)

あの時、香港まで会いに行って本当に良かったです(笑)

―(佐橋)

本当にその節はありがとうございました。
それでは本格的にインタビューを始めたいと思います。
まずは簡単な自己紹介と会社の概要をお聞かせください。

―(呉社長)

改めまして、スニフグループ の代表の呉燁彪「ゴ ヨウ ヒョウ」です。
私は生まれも育ちも中国の生粋の中国人です。
私の故郷は世界の雑貨卸売市場があることで有名なイーウー(義烏)です。

父方の実家は代々医者をしている家系ですが、
末っ子の父だけは若いころからビジネス界に身を置いてきました。
その影響もあってか私も幼いころからビジネスに興味をもっていました。

また常々両親からは「人生は一度きりだから、
平凡な人生もいいが、何の分野でもいいから自分の限界まで挑戦しなさい。」
と言われて育ちました。

ビジネスに興味をもっていた私は、ビジネスを学ぶために日本の国立大学に留学し、
卒業後は東京の商社に入社しました。

当時はイーウーにある貿易代行会社に面倒な業務を代行させて輸入しても、
楽天やアマゾンで転売すれば大きな利益が出せた時代です。

いわゆる相乗りという手法で商品を販売して一人で月間1,000万円を売り上げたこともあります。 

しかし、同時に嫌なことも経験しました。それは商品不良に対するクレームです。
不良品が発生する度に代行会社や工場に交渉して不良品率を下げるように毎日努力していました。
しかしながら、なかなか不良品率を下げることはできませんでした。

多くの試行錯誤の結果、私が突き止めたのは「中国製品が全部悪いわけではなく、
中国のメーカーを慎重に選別すれば不良品率を劇的に下げることができる!」ということでした。
つまり中国にも他所の国と同様に粗悪な製品ばかり作るメーカーもあるのですが、
品質の高いメーカーもあるということです。

しかし日本の方々は文化の違いや、言葉の問題でこれらを選別することは非常に困難です。
中には悪い業者に騙される人もいます。

一方、ネイティブの中国人である私には、
その品質を見極め、良いメーカーを探すことは割と容易なことでした。

さらにイーウーという商人の多い土地柄で育った私には外国人はもとより、
普通の中国人より安く、良い商品を仕入れる嗅覚のようなものが身についていました。

―インタビュアー(佐橋)

イーウー出身ということで商売人としてこれほど有利なことはないですよね。

―(呉社長)

はい。その点で絶対的な自信があった私はこの強みを活かせば、
お客様の満足度を上げて良いビジネスモデルを構築できると確信し、
2015年5月1日に中国杭州(アリババ本社所在地)に帰り、
5月19日に杭州スニフ貿易有限公司を設立しました。

その3ヶ月後に「タオバオ直行便」代行サービスを始めました。

当時、大きな「輸入代行会社」の経営者は殆ど日本人でした。
中国人であり、人脈も経験も何もなかった私は、
とにかく規模を誇るのではなくサービスを誇れる会社にしたいと一人で奔走しました。

取引するメーカーの工場には全て自ら訪問して、
商品を自分の目で確かめてまわりました。

そうして良い商品を提供し続けることで、
少しずつお客様からの信頼を勝ち取っていきました。
そして現在「タオバオ直行便」は単なる代行会社だけではなく、

日本で通販をされている方のために
総合かつ専門的サービスが提供できるまでの実力を持つ会社に発展してきました。

つまり「お客様の立場でお客様を感動させるサービスを提供する!」 を会社のモットーに
単に仕入れ商品を左から右へ取り次いで終わらせるのではなく、
さらに一歩踏み込んでお客様の売り上げに貢献できるサービスが提供できる会社になったのです。

―インタビュアー(佐橋)

「中国輸入代行会社」は中国にもたくさんありますが、
とにかくお客様に貢献しようという風土が全社員に徹底されていますよね。

―(呉社長)

はい。お客様に儲けていただくことを徹底的に目指しています。

安心していただける品質、徹底した中間コストの排除、通販の売上向上サポートなど、
まずはお客様に儲けて頂き、そのお客様からのリピート発注を頂くという良い循環を作り出したいと考えております。

お客様ごとの専任担当者による日本語によるチャットワークでのサポート、
日本の大手検品会社と提携した検品サービス、自社物流も杭州や深圳に構築し、

全世界のFBA納品サービスなど、お客様の売上に貢献できるようきめ細かなサービスを
今後も徹底していくつもりです。

―インタビュアー(佐橋)

「中国輸入代行会社」としてはトップクラスの規模になってきていますよね。

―(呉社長)

はい。おかげさまで今では日本全国津々浦々にお客様がいらっしゃいますが、
来日するたびにお客様のお喜びの声を直接頂いております。

こういうお客様の声は私にとっては最高の喜びです。

サービスで一番の企業を目指してきた私にとって
信頼を勝ち得ることがなにより大事だからです。

当社の「THE 直行便」の会員数を倍増するよりも、
現在のお客様が弊社のサービスにより、アマゾンや楽天での売り上げを倍増することを
弊社の戦略の中心に据えております。

ですから会員様の発展が即弊社の発展につながっていると言っても過言ではありません。
言い換えれば会員の皆様の売上を上げることが弊社にとって必須の条件であり、
生き残る唯一の道なのです。

2015年8月19日に産声を上げたタオバオ直行便も、
もう5歳になりました。

まだまだ未熟ですが、皆様と手を取り合いながら、
来るべき次の5年を会員の皆様ともども最高の5年したいと心から願っております。
どうか宜しくお願い申し上げます。 

Implement 実施内容

ロボット化された最新鋭の倉庫

ロボット化された最新鋭の倉庫

圧倒的な物量を発送するため、倉庫内はロボット化されています。
決して衝突することもなく、一糸乱れないその動きはただただ美しいです。

全世界のFBA倉庫に納品可能

全世界のFBA倉庫に納品可能

日本のFBAだけではなく、アメリカや欧州など全世界のFBAに納品可能です。
毎日大量の荷物を全世界に向けて発送しています。

アリババグループ本社敷地内に所在

アリババグループ本社敷地内に所在

杭州史尼芙贸易公司の本社は世界のアリババグループ本社の敷地内にあります。
アリババグループとの密接な連携により、中国全土からの最速の商品調達が可能です。
数ある中国輸入代行会社としては唯一の存在です。

日本好きの若者が集まるベンチャー企業

日本好きの若者が集まるベンチャー企業

呉社長自身もまだ20代ですが、幹部も社員も20代ばかりです。
本社勤務の社員は日本語を話せるメンバーばかりで、
連日深夜や土日関係なく日本企業のサポートをしています。
社員の皆様の一様に勤勉かつ熱心な仕事振りで急成長する会社を支えています。

Consultant's Comment

担当コンサルタント

海外事業の成否はパートナーで決まる

~インタビューを終えて~

皆様の人生の中で「人生を変えた出会い」というのはそれほど多くはないと思いますが、
私の呉社長との出会いはまさに「人生を変えた出会い」でした。

まだ20代なのですが、実際にお会いすると「帝王」の風格があります。

数々の修羅場をくぐり抜けてきたであろう経験と
商売人に囲まれて育った環境もあると思いますが、
人にはそれぞれ生まれながらにして自分の「役割」を背負っているのだと思います。

2020年はコロナ禍でほとんど渡航出来ませんでしたが、
2019年は月に1~2回は杭州に行っていました。

中国のあちこちに一緒に行ったり、家族ぐるみの交遊を深めることが出来ました。
また多数の上場企業や大手企業の重役などをご紹介して頂きました。

2020年のコロナ禍中もリモートでいろいろサポートして頂きました。

当社が中国との輸出入をここまで拡大出来たのは、呉社長のおかけです。

呉社長もスニフ貿易も若く野望が大きいこともあり、お会いする度に新規事業が始まったり、
日本の総合商社や超大手小売企業との取引が始まったりと、
杭州に行くごとに驚きがあります。

日本では考えられないぐらいのスピードですべてが進んでいます。

もちろん中国企業ということで、日本のマーケットをどう攻略するかなどは
日本でビジネスをしている私の方から助言をさせて頂いたりと、
お互いに支え合いながら良いコラボレーションが出来ていると思います。

今後の当社の中国事業の戦略としては「勝ち馬に乗る」です(笑)。

一読すると無為無策のように見えますが(笑)、海外事業の成否を分ける一番の要素は、

「良いパートナー」に出会えるかどうかです。

中国のように法律や商慣習などのハードルが高い国は特にそうですし、
そもそもどこの国でも、「外国人」に容易に勝たせてくれることはまずありえません。

当社は呉社長に出会えて非常に幸運でしたし、WIN-WINの関係を継続できるように
杭州史尼芙贸易公司さんの発展のスピードに付いていけるように頑張りたいと思います。

(インタビュアー)
株式会社ライフスタンダード 佐橋賢治

中国輸入代行

このサービスについて
詳しく知りたい方はこちら

ご支援先の声 一覧